スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えとかみりんとか○ニとか

今回の新入荷紹介は和酒でございます。

店の雰囲気のせいか和酒を頼むお客さんがとても少ない宝樹なのですが、一部のコアな日本びいきの方のせいおかげで、それなりなラインナップです。


梅錦・立春初絞り純米吟醸生原酒
立春初絞り

今年の2月に絞り上がったばかりの新酒です。
2月4日の早朝に絞った日本酒をそのまま瓶詰め、夜にはお店に届いておりました。
火入れ無し、加水無し、アルコール添加無し、移動や日光のストレス無しと、本当の意味で純粋な日本酒。
味は良い意味で荒く、雑味も旨みもたっぷりという感じ。
一方でアルコール度数が高いにもかかわらず、芳醇で爽やかな香味があるため飲みやすいという危険なお酒でした。
1本はその日のうちに空けちゃったのは内緒。


南大東島ラム『コルコル』25
corcor.jpg

写りが悪いのは勘弁な!
沖縄県南大東島産の純国産ラム酒です。
国産ラムのはしりとしてそれなりに有名なのですが、今回新たに地元や一般向けに発売されたもので、アルコール度数25度というラムにしては低めの度数です。
酒造の紹介書きに「飲みやすく、ラム初心者におすすめ」と書いてありました。




嘘だッッ!!!

・・・かなーり個性的かな?かな?。
しかしラムらしい純粋な個性が味わえて、じっくり飲むと美味いです。
じっくり飲むのはもちろん、オトーリ用にもピッタリだと思いますよ。



萌えにごり梅酒『チハ』&『ベローチェ』
チハ
ベローチェ

一見何の変哲も無い梅酒ですね。
しかしなんと・・・

砂糖をほとんど加えず、ベースの日本酒の甘味を活かして作られた本格梅酒!
すり潰した梅の実を加えているためフレッシュで甘酸っぱい風味です。

とまぁ・・・ラベルにはあまり触れないでおきます(笑)
余談ですが、この梅酒を発注したとき「萌え梅酒だってwww」と浮かれて買ったのですが、酒造さんから直筆の手紙が添えられてまして地味に心が痛かったのを思い出します。




黒みりん・弐拾年熟成貯蔵
黒みりん

飲んだ瞬間「なんだこれ・・・」となりました。
もちろん、あまりの美味さにです。
みりんを飲む事自体はそれほど珍しくもないのですが、これには参った。
いわゆる“飲めるみりん”ではなく、“飲みたいみりん”“飲むためのみりん”です。
長期熟成のオロロソ(シェリー)を思わせる熟成感と酵母の風味、自然な甘味、なめらかな舌触り。
どれをとっても一級品。
こういう出会いがあるからお酒ってやめられないんですよねー



以上こんな感じで和酒の新入荷のご紹介でした。

本当は新しいフードも紹介したかったのですが、また次回に。

名前だけあげると
・カ○ガルーのペッパーステーキ&カ○ガルーのサラダ仕立て
・ダ○ョウのカルパッチォ
・ワ○のミラノ風カツレツ

です。
気になる方はお問い合わせくださいな。
ではまた次回。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。